自動化

【PlayFab】Azure関数を呼び出すための環境構築

playfab-azure

2020年2月18日、ついに PlayFab の CloudScript で Azure 関数を実行できるようになりました。

今までは CloudScript で Javascript の言語しか使えなかったため、手が出しにくい分野でした。

ところが、C# でも使えるようになったため、Unity を使っている人はより一層使いやすくなりました。

さらにデバッグもできるようになるので、Azure関数を使うメリットはかなり大きいです。

この記事では、「PlayFab + Unity + Azure関数 + VSCode」を使った環境構築をしてきます。

私は Mac を使用しています。Windows の場合、手順が異なる可能性があります。

PlayFabでAzure関数を呼び出すための環境構築

アカウント登録やインストール系が多いです。上から一つずつやっていきましょう。

ねこじょーかー
ねこじょーかー
初めてPlayFabを触る人は、PlayFabの始め方を読んでから戻ってきてください!

VSCode の拡張機能も必要になるので、以下のインストールをしておきましょう。

VSCodeで必要な拡張機能

また、Azure 関数を書くために、ローカルプロジェクトの作成をしておきましょう。

ここで作成したプロジェクトに Azure 関数を追加していきます。

作成後、VSCode のターミナルで以下の2つのコマンドを実行してください。

コマンド実行
dotnet add package PlayFabAllSDK

参考:https://www.nuget.org/packages/PlayFabAllSDK/

コマンド実行
dotnet add package PlayFabCloudScriptPlugin --version 1.53.190627-alpha

参考:https://www.nuget.org/packages/PlayFabCloudScriptPlugin/1.53.190627-alpha

この2つのコマンドで、ソースコードから PlayFab のモジュール参照ができるようになります。

最後に、プロジェクトファイル(〜.csproj)に DefineConstants のタグを追加してください。

<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">
  <PropertyGroup>
    <TargetFramework>netcoreapp3.1</TargetFramework>
    <AzureFunctionsVersion>v3</AzureFunctionsVersion>
    <DefineConstants>NETCOREAPP3_1</DefineConstants><!--この1行を追加!!-->

 

以上でひと通り環境構築は終わりです。

お疲れさまでした!

PlayFab の書籍も好評発売中!
playfab-book

PlayFab のことをもっと皆さんに知ってもらいたくて、合計500ページ以上にもなる書籍を5冊に分けて執筆しました。

私の知識をすべて詰め込んでいるので、ゲーム開発をさらに加速させたい方はぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です